Bluetoothの神アプリ(Mac)

今回はMacintoshのアプリ話です。

音楽のデータ化は便利になったものの、
イヤホンやヘッドホンで聞かないかぎり音が悪い…、
特にMacからBluetoothで音を飛ばして外部アンプで聞くと
信じられないくらいなんだこりゃ!?
やはりCDじゃないとだめなのかな…?
なんて感じたことのある人多いんじゃないかと思います。
なんならアナログじゃね?って感じです。
(よくわかんないけど実際にアナログ?)
かく言う僕もその1人です。

そんな悩みを一蹴してくれるのが「BitPerfect」というアプリです。
ちなみにiPhoneアプリじゃなくて、Mac用アプリですよ!
¥850とちょっと高めですが、
これはすばらしい!感動しました。
ひと言で言うと、飛ばしてもいい音に聞こえるようにしてくれるアプリです。

まずはApp Storeからダウンロード購入。

続いて設定。
メニューバーに出てきたアイコンをクリック。
「Prefernces…」をクリックすると設定画面が出てきます。

「General」タブ→「Device Capability」→「自分のBluetoothレシーバー」を選択。
僕の場合は「Belkin A94 Stereo」
これをやんないとMac本体からしか音が出ませんので忘れずに!

「Sound」タブ→「Upsampling」→「Do Not Upsample」

「iTunes」タブ→「Start iTunes on Startup」をチェック。

これでOK。

詳しい設定はともかく、これだけでかなりいい音が出ます!
そして、もうひとつ素晴らしいのが「別々に出力する!」こと。
つまり、メール受信などシステム音はMacから。
iTunesの音楽のみ送信するんです!
僕は値段以上の価値アリ。少なくとも僕は感動しました!

「BitPerfect」はこちら

よくわかんない人はこのサイトなども参考にしてください。
http://www.ratocaudiolab.com/pcaudio/index_02.html

ってわけで、新しいハード購入を考えていた人は
一度、このアプリを試してからでも悪くないと思います。

※Windowsも通じるのかもしれませんがMac使いなものであしからず…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください