福井のソウルフード「秋吉」

「世の中世間は狭い」なんてよく言いますが、
実際、ホントに狭いもので、いろんなところでいろんな人と共通点があるものです。
そしてやはり“食”は強い…。

僕の出身は福井県。
はっきり言ってマイナー度は国内指折り県だと自覚はしています。が!

昨日、職場でたあいもない福井話をしていたところ、いろんな人が寄ってきました。
福井出身、福井勤務経験アリ、福井の友達がいる…、などなど。

もちろん「それ知ってる」「それ知らない」などなど
人によって知識量は違うわけですが、
「秋吉」という名前が出たとたん、ものすごい結束力。
そして、「そうだ、秋吉に行こう!」
まるで20年近く前の鉄道会社の広告キャッチです。

「秋吉」とは福井本社の焼き鳥のチェーンなんですが、渋谷にもあるんです!
ってわけで即決。福井勤務経験のある上司、福井出身×2、秋吉が好きでたまらない香川出身、計4人で渋谷桜ヶ丘店に行ってきました。

本場の秋吉を知っている人には言わずもがなですが、
頼み方がいわゆる焼き鳥の頼み方が違います。
「純鶏10!」「シロ10!」
などなど、10本単位で頼むのが基本なんです。
※純鶏はメスの親鶏でコリコリとした食感、秋吉の定番メニュー。

もちろん、1本1本は小さいし、ものすごくハイレベルな焼き鳥ではないかもしれません。ただ、単価が安く、1オーダーは5本が基本で400円程度です。
出てきた瞬間食べちゃったので写真はありません(笑)

ちなみに「ほにゃらら備長炭」「遠火の強火の遠赤外線」なんて気にしません。
火柱を上げてボーボー焼き上げます。
そして、お客さんは全員「社長」と呼びます(笑)

あえて例えるなら「串揚げ」が関東と関西で違うような感じかな?
名古屋の人にとっての「寿がきやのうどん」とみたいな感じかな?
とにかく、一口でバクッと何本も何本も食べる、庶民の焼き鳥なんです。

でも、これが福井のソウルフードなんです。福井にはそっこらじゅうにあるんです。
スーパーにも秋吉の焼き鳥セットが売ってるんです。
飲みデビューが秋吉ってのが、福井人の基本なんです。

ってわけで安くてまずます(笑)の「秋吉」に興味のある方ご賞味あれ。

【やきとりの名門 秋吉渋 谷桜ヶ丘店】
東京都渋谷区桜丘町17-12  渋谷ジョンソンビル 1F
03-3464-1518
HP http://www.akiyoshi.co.jp/

※全国いろんなところにあるのでHPを参照してください。
ちなみに高知は出来てすぐなくなった(笑)

“福井のソウルフード「秋吉」” への2件の返信

  1. 秋吉!いいね~!わたしは三鷹に4年住んでたんだけど、行ったよー、渋谷の秋吉。福井のより、少し高いよね?私が幹事して、大阪府民と神戸市民を連れて行ったんだけど、関西の人もけっこう知ってるんだね。ただ、渋谷店はけっこう人気のようで、週末は2時間制だったのが残念。

    • あら!渋谷の秋吉行ってたんだ。確かに、福井よりちょっと高いかも…。さすがにインドにはないよね(笑)
      次のクラス会は秋吉にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*